大崎住民訴訟を支援する会ニュース第20号

大崎住民訴訟を支援する会ニュース第20号が発行されました。7月25日の大崎住民訴訟の審理内容を、弁護団の松浦健太郎弁護士が報告しています。 この日の法廷では、原告団長の阿部忠悦さんが意見陳述。「玉造クリーンセンター周辺の上宮協栄会(町内会組織)は、クリーンセンター設立の30数年前に、行政側と環境を悪くしないことを約束し、『玉造ゴミ焼却場開設に伴う環境保全に関する申し合わせ』を交わした上で、玉造ゴミ焼却場の開設に同意した。しかし、今回の試験焼却に際しては、被告・大崎市は申し合わせを無視して、住民の同意を得ずに、特措法を理由に放射能汚染ゴミを焼却したことから、本提訴に至った。」と論旨明快に陳述しました。 また原告側は、原告ら本人4名・青木一政氏・西尾正道医師の尋問を行うこと、内部被ばくの説明資料としてDVD「核の傷」を法廷で上映することを求めていましたが、裁判所はいずれも「必要ない」としました。 大崎住民訴訟は、次回10月19日の口頭弁論期日で重大な局面を迎えます。ご注目ください! ↓支援する会ニュース第20号.PDFはこちらから 大崎支援ニュース2022年8月号.pdf

続きを読む

大崎住民訴訟をわかりやすく説明したチラシが出来ました!

大崎耕土を放射能汚染させない連絡会と大崎住民訴訟原告団が、放射能汚染廃棄物焼却の問題点と大崎住民訴訟の経過を分かりやすく解説したチラシを作成しました。 玉造クリーンセンターの排ガス測定検査で捕捉された煤塵の量は、7年間に換算すると少なくとも200~810g程度と大変な量になり、住民が内部被ばくする恐れがあること。今後の裁判で内部被ばくによる健康被害=人格権・平穏生活権の侵害を真正面から取り上げていくこと、等を説明しています。 ぜひこのチラシ(の内容)を広めてください! ↓大崎住民訴訟チラシ.PDFはこちらから 大崎住民訴訟チラシ.pdf

続きを読む

大崎住民訴訟を支援する会ニュース第19号

大崎住民訴訟を支援する会ニュース第19号が発行されました。 大崎住民訴訟の論戦の中心はいよいよ「内部被ばく」論に移っていきます。原告団と弁護団は、DVD「核の傷」の法廷内上映と西尾正道氏(北海道がんセンター名誉院長)の証言を求めていきます。今号では、西尾正道氏の「内部被ばく」の考え方を紹介しています。ぜひお読みください。 ↓支援する会ニュース19号.PDF 大崎支援ニュース2022年7月号.pdf

続きを読む