大崎住民訴訟を支援する会ニュース17号

大崎住民訴訟を支援する会ニュース17号が発刊されました。2月16日(水)仙台地裁で大崎住民訴訟の第15回口頭弁論期日が開催され、弁護団は先の排ガス測定結果の分析、大崎玉造住民の尿検査の分析、大崎市の土壌検査の分析により、大崎広域組合の焼却施設から放射性セシウムが拡散している事実を立証しました。さらに弁護団は「焼却炉からの放射能漏れ」を立証したうえで、今後の議論の焦点となる「内部被曝」問題に対し、DVD「核の傷」上映と北海道がんセンター名誉院長の西尾正道氏を証人とするよう、裁判所に要請しました。

↓支援する会ニュース17号.PDFはこちら
支援する会ニュース2022年3月号.pdf

支援する会ニュース17号.png
支援する会ニュース17号ウラ.png

この記事へのコメント